OSSを使ってみよう ~ (2) メーリングリストを活用する

OSSを使っていると、分からないことがたくさん出てきます。マニュアルを読んでも(場合によってはソースコードまで読んでも)、分からないことは多々ありますし、マニュアルには書かれていないような疑問もたくさん出てきます。こういった場合はメーリングリストで質問してみるのが有効です。世界中の有識者から適切な回答やアドバイスをもらえるかもしれません。

ただし、あまりにも簡単な質問や明らかな説明不足の場合は、誰からも応答が無かったり、「Google it! (ググれ)」とか回答が返ってきたりするかもしれません (※単純に質問が難しぎたり、回答しづらかったりで、誰も回答できないような場合もありますが…)。

ということで、今回はメーリングリストでうまく助けを求める方法について説明します。といっても私からの解説ではなく、OpenAMのメーリングリストで最も多くの回答をしているForgeRock社のピーター・メジャーさんのブログを翻訳して紹介します。

[引用元 How to use the maling lists – aldaris’ blog]

http://blogs.forgerock.org/petermajor/?s=mailing&submit=Find

OpenAMのメーリングリストについて書かれていますが、その他のOSSでも同様のことが言えると思います。日本語訳の意味が分かりづらい場合は、原文を参照して下さい。以降が翻訳です。


メーリングリストの活用方法

この記事では、ForgeRockのメーリングリストで効果的に助けを求める方法について説明します。以降の簡単なガイドラインに従うことで、迅速に問題を解決するだけでなく、コミュニティ内の他者の利益にもつながります。

まずはドキュメントを検索する

製品の動作について質問がある場合は、まずは製品のマニュアルを確認する必要があります。与えられたテーマについてドキュメントの内容が薄かったり曖昧であれば、JIRAにそれをドキュメントバグとして報告して下さい。

既に同じ質問がされていないかチェックする

メーリングリストの過去ログが、公式アーカイブ(と非公式ミラー)にあります。好みの検索エンジンを使用して、どちらかを検索して下さい。グーグルを使用する場合は、「site:lists.forgerock.org」 のような高度な検索フィルタを使用することで、有効な検索結果を得ることができます。

手がかりがないかデバッグログをチェックする

OpenAMは、非常に詳細なデバッグログを出力するので、追加の手がかりを得るためにそれをチェックすることは有効です。 OpenAMの場合は、デバッグログがdebugフォルダの下に出力され、監査ログがlogフォルダに出力されることに注意して下さい。デバッグログの詳細についてはこのwikiの記事を、他の有用なトラブルシューティングのヒントについては、私のブログ投稿を参照して下さい。

バージョンの詳細を提供する

バグ/問題に遭遇した場合、製品の詳細なバージョンを把握していることが非常に有益です。5年前のバージョンを使用しているか、最新のナイトリービルドを使用しているかで、大きな差があります。旧バージョンの製品を使用している場合は、既に修正されている問題に遭遇した可能性が高いです。一方、最新バージョンであれば、回帰/新規バグの可能性を疑うことができます。

エラーメッセージを提供する

何らかの奇妙な動作に遭遇したとき、ブラウザには何らかのエラーメッセージが表示されていなかったでしょうか?もしそうであれば、その正確なエラーメッセージを提供して下さい。それが一般的なエラーメッセージ(「認証に失敗しました」のようなもの)であれば、それだけは問題解決に有用ではないと判断し、追加でユースケースの詳細を含めることを検討して下さい。

メールの中で内容を明確にする

あなたを助けようとして時間を費やしてくれるメーリングリストのメンバーのことを考えてみて下さい。あなたが少なくともできることは、できる限り内容を明確にしようと努力することです。

  • 問題の説明が、理解可能であり、必要なレベルの詳細さを持っていること。
  • どのようなシナリオにおいて動作していないかが明確であること。

問題を解決したときは、解決策を提供する

奇妙な問題に遭遇して良い一日(?)を過ごしたのであれば、あなたが新しく得た知識を他のメンバーと共有し、解決策を提供できないか検討して下さい。

可能であれば、他者の質問に回答する

メーリングリストは、コミュニティの協力で成り立ちます。助けを求めるだけではなく、できれば他の人を助けてあげましょう。誰かの問題を解決することは、本当に良い気分です(私を信じて下さい)。

Plus you never know how many free beer offers you can get out of these. :)


私もたまにメーリングリストに回答することがありますが、「Thanks!」をもらったときは確かにとてもうれしいですよ。

広告

OSSを使ってみよう ~ (2) メーリングリストを活用する」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: OSSを使ってみよう ~ (3) 課題管理システムにバグを登録する | OSS ∞ Lab

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中